短期留学

短期留学プログラム

短期留学プログラムには現在 1)短期留学スペシャル・プログラム,2)学部専門レベル短期留学および3) 国際インターンシップがあります。

1. 短期留学スペシャル・プログラム(専門横断科目:海外留学)

本プログラムは,学部2年生以上が対象で海外における多文化と歴史を理解し,基礎的な専門知識を学ぶとともに,交換留学プログラムや大学院における研究留学への動機づけおよび準備としても役立ちます。協定校などで数週間,基礎的な専門知識(約15レクチャーとフィールド・ワークなど)を身につけ,地元校の学生との交流をはかります。専門横断科目「海外留学」(2単位)が付与されます。

ジュネーブ大学(スイス)
Arts, science and humanity in a globalized world – following in the footsteps of Nitobe Inazo and work of the United Nations in Geneva

ジュネーブは国連欧州本部(旧国際連盟本部)やWHO、WTOなどの国連専門機関、国際赤十字(ICRC)などの国際機関などが多い国際都市である。また国際連盟の事務次長として新渡戸稲造が7年間過ごしたところでもある。これらに関連した講義やフィールドワークなどを通じて、国連の仕事、ICRCの国際的な人道的な活動などを学習するとともに、新渡戸稲造の足跡を訪ねて、「温故創新」の精神を養う。

Report 2017(English ver.)   Report 2015(Japanese ver.)   Report 2014(Japanese ver.)

オックスフォード大学(イギリス)
History of human ecology in north

オックスフォード大学を構成する39カレッジの一つウースター・カレッジに滞在し,北海道大学とオックスフォード大学の教員による北方圏の人類史に関する共同講義を通して,人類史に関する今日的な課題についての知見を得る。

オウル大学(フィンランド)
Scandinavian studies, summer programme

スカンジナビア北極圏の歴史、文化と社会、人間活動と環境について学ぶ。

Report 2017(English ver.) Report 2016(English ver.) Report 2015(English ver.)

アラスカ大学フェアバンクス校(米国)
Alaska natural resources sustainability field seminar

北極圏における自然野生生物管理学の一端、野生生物学、森林生態学、水圏生物学の基礎(授業、実習および実験)を学ぶとともに、ツンドラ地域に及ぼす地球温暖化の影響、オーロラ学の世界的権威である赤祖父俊一先生の講義、アラスカの歴史と文化を学ぶ。週末にはデナリ国立公園方面のフィールドワーク、オーロラ観察、イヌイットやエスキモーの先住民文化にも触れる。

Report 2017(English ver.) Report 2016(English ver.)

ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)
Global sustainability: ecosystem service and indigenous governance

グローバル・サステナビリティ科学の授業(持続可能な社会,環境収容力,生態系サービス,サステナブル・ガバナンス等),実習および実験。カナダの歴史と文化に関する授業。週末には新渡戸稲造逝去の地ビクトリアやスタンレーパークへフィールドワークを行う。ホームスティによりバンクーバーにおける生活も実体験する。。

Report 2017(English ver.) Report 2016(English ver.) Report 2015(English ver.)

ワシントン大学(米国)
Humans and the marine environment

シアトルキャンパスとフライディ・ハーバー臨海実験所において海洋生態学と水産科学の基礎に関する講義、乗船実習および実験。週末にはホエール・ウォッチングや水族館訪問などのフィールドワークを行う。

Report 2017(English ver.)   Report 2016(English ver.)  Report 2015(English ver.)

オレゴン州立大学(米国)
Sustainable global ecosystem – biodiversity, ecosystem service and resilience

地球温暖化と生物多様性低下が地球生態系と社会に及ぼす影響を学ぶ。具体的には、地球生態学入門、生物多様性、生態系サービス、持続可能な社会、アメリカ合衆国とオレゴン州の歴史と文化等に関する講義とアクティブ・ラーニングや国立公園ジョン・ディ・フォシル・ベッドにおける地球温暖化による陸域生態系への影響に関するフィールドワークを学ぶ。

Report 2018(English ver.)    Report 2016(English ver.) Report 2015(English ver.)

オークランド大学(ニュージーランド)
Biomedical engineering and mechanical engineering

ニュージーランドで教育研究1位にランクされているオークランド大学で,生体工学と生体材料学を中心とした講義および実習。現地の学生と交流を図り,週末にはフィールドビジットを行う。。

Report 2014(Japanese ver.)

2. 学部専門レベル短期留学

いくつかの学部等では独自に開発し,単位認定している短期留学プログラムがあります。プログラムを学部専門科目として履修し,単位認定された場合,新渡戸カレッジの海外留学1単位として認められます。ラーニングサテライトもこのプログラムに含まれます。

3. 国際インターンシップ(全学教育科目:インターンシップA又はB)

国際インターンシップは,海外における企業等での研修を通して総合的な人間力を培う実践的キャリア教育プログラムです。異なる状況下(企業等での活動,社会状況,言語等)で,企業/社会の課題へ挑む力,自己を見つめる力,多様な人々とのコミュニケーション力を養うことを目的としています。学部2年生以上が対象(但し,最終年次の学生を除く)。
国際インターンシップ参加学生が,本プログラムを修了する場合,全学教育科目「インターンシップA又はB」の単位が認定される。単位を取得した場合,新渡戸カレッジの海外留学(1単位)としても認められる。国際インターンシップ参加希望者は,説明会に必ず出席すること。