育成する人物像

グローバル人材の育成

新渡戸カレッジは,本学の四つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)の下,新渡戸稲造の精神に基づきながら,各学部の専門教育において高い専門性を修得するとともに,学部横断的な特別教育プログラムを通して,以下に記す力を身につけ,それらを発揮できる人材を育成することを目標とします。

  • 自分に対する力(コミュニケーションツールとしての英語力,さまざまな文化的・社会的背景に根ざしたアイデンティティなど)
  • 他人に対する力(グローバル社会で必要とされるリーダーシップ,チームワーク力など)
  • 社会に対する力(異なる文化状況下における問題発見力・課題解決力,社会的な責任と倫理)


また、国際社会で活動するリーダーに必要な基本的スキルセットとマインドセットを育成します。

基本スキル・セット

  • 専門知識
  • 外国語運用能力
  • 情報リテラシー
  • プレゼンテーション力
  • ディベート力

マインド・セット

  • 責任感
  • 情熱
  • リーダーシップ
  • 困難に立ち向かう勇気
  • 謙虚さ

修得の特徴

新渡戸カレッジでは、この目標とする人材像に求められる具体的な能力基準を定め、当該能力を身につけ、かつ、所定の単位を修得した学生に新渡戸カレッジの修了証を授与します。

  • これまでどおり大学の教育(学部教育)を受けながら、必要な授業科目を履修し、様々な知識や経験が修得できます。
  • 北海道大学12学部のすべての学生を対象とした横断的教育カリキュラムです。
  • 原則として1セメスター以上の海外留学に参加します。
  • 留学支援英語、英語による国際交流科目・学部専門科目により、実践的な英語力が身につきます。
  • 様々な国・地域からの留学生とともに学ぶ多文化交流科目で、多文化理解力が深まります。
  • 所定の単位を取得し、一定の要件を満たした修了者には、修了証が授与されます。