短期留学

短期留学には5種類あり、グローバル・キャリア・デザイン(ファースト・ステップ・プログラム)、海外短期語学研修(サマープログラム、スプリングプログラム)短期留学スペシャル・プログラム学部専門レベル短期留学および国際インターンシップです。
「お知らせ・資料」ページの「資料」に留学レポートがありますので参考にしてください。

グローバル・キャリア・デザイン

グローバル・キャリア・デザインは、国際連携機構で実施するファースト・ステップ・プログラムにあてられ、「海外留学」の一部として利用できます。また、全学教育科目の一般教育演習(フレッシュマンセミナー)としても単位が認定されます。

応募資格

  • 北海道大学に在籍する学部 1,2年生を優先(他学年の学生も応募可能です)
  • 留学や国際協力、国際交流等に高い関心をもっており、在学中に海外留学プログラムに申し込みたいと考えている学生
  • 海外経験の少ない学生を優先
  • 他の参加者と協調して主体的にプログラムに参加する意思をもっている学生
  • 北海道大学での在学期間中及び卒業後も、本プログラムの評価や広報活動に積極的に協力できる学生
  • 訪問国での活動に心身ともに支障がない学生

募集人数

10名から最大20名です(訪問国によって異なります)。

選考・事前オリエンテーション

書類選考と面接選考を行います。参加内定後は、実施までに5回前後のオリエンテーションに参加していただき、帰国後には報告会等に参加・発表していただきます。

年間スケジュール

(おおよその目安です)

1学期
6月上旬:募集説明会
6月中旬~下旬:募集選考(書類審査、面接審査)
7月上旬~8月上旬:事前研修
8月下旬~9月上旬:海外研修実施
10月上旬:帰国報告会
2学期
11月中旬:募集説明会
11月下旬~12月上旬:募集選考(書類審査、面接審査)
12月中旬~2月中旬:事前研修
2月中旬~3月上旬:海外研修実施
3月:帰国報告会

h_6th-fsp-zambia-2

海外短期語学研修(サマープログラム、スプリングプログラム)

海外短期語学研修(北大サマー・スプリングプログラム)は、北海道大学に在籍している正規学生を対象に夏休み、春休みに海外で語学研修と文化体験をとおして短期の留学を経験していただくものです。募集については、こちらのホームページ、北大生のための留学情報Mail留学情報掲示板や所属部局の掲示板をとおしてお知らせしています。

国際連携機構ではアメリカ、カナダ、イギリス、ニュージーランド、オーストラリア、エストニア、韓国、中国、台湾、ドイツ、スペイン、ロシアのプログラムを実施しています。プログラムの詳細については、各プログラムのページにお進みください。 なお、同プログラムは、外国語演習(講義題目:海外短期語学研修)の一部として位置づけられています。この演習を履修し、帰国後に単位認定申請を行うと単位を認定される可能性があります。また、この演習は奨学金(助成金)を申請することが可能です。同演習への履修申請方法等の詳細については、学務部教育推進課全学教育・総合教育担当(⑧⑨窓口、電話:011-706-5084)にお問い合わせください。履修期間は、前期(北大サマープログラム)は5月中旬、後期(北大スプリングプログラム)は11月中旬の予定です。

プログラムに関するご質問等はメール(jryugaku”AT”oia.hokudai.ac.jp ※ATを@に変えて送信してください。)、電話(011-706-8054)または国際交流課の窓口で受け付けています。参加の流れについては、下にあるファイルをご参照ください。また、各プログラムの概要については、下記の大学別ページを参照願います。みなさんの参加をお待ちしています!

2016北海道大学短期語学研修プログラム(北大サマー・スプリング)スケジュール

海外短期語学研修プログラム一覧

ポートランド州立大学(米国)
アリゾナ州立大学(米国)
ハワイ大学マノア校(米国)
ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)
リーズ大学(英国)
タルトゥ大学(エストニア)
ニュー・サウス・ウェールズ大学(オーストラリア)
オークランド大学(ニュージーランド)
香港中文大学(中国)
北京大学(中国)
北京師範大学(中国)
国立台湾大学(台湾)
全北大学校(韓国)
東義大学校(韓国)
ミュンヘン大学(ドイツ)
アルカラ大学アルカリングア
モスクワ国立大学(ロシア)

短期留学スペシャルプログラム

短期留学スペシャルプログラムは、海外における異文化と歴史を理解し、基礎的な専門知識を学ぶとともに、交換留学プログラムや大学院における研究留学への動機づけ(トリガー)として役立ちます。協定校などで数週間、基礎的な専門知識(約15レクチャーとフィールドワークなど)を身につけ、地元校の学生との交流をはかります。新渡戸カレッジ生優先のプログラムです。国際交流科目「海外留学」(2単位)が付与されます。

大学(国,都市) テーマ 時期 内容
ジュネーブ大学(スイス,ジュネーブ) Arts, science and humanity in a globalized world – following in the footsteps of Nitobe Inazo and work of the United Nations in Geneva 春・夏季 ジュネーブは国連欧州本部(旧国際連盟本部)やWHO、WTOなどの国連専門機関、国際赤十字(ICRC)などの国際機関、各国大使館などが多く混在する、きわめて特徴的な国際都市である。また国際連盟の事務次長として新渡戸稲造が7年間過ごしたところでもある。これらの特徴を生かした講義やフィールドワークなどを通じて、国連の仕事、ICRCの国際的な人道的な活動などを学習するともに、新渡戸稲造の足跡を訪ねて、「温故創新」の精神を養う。
オウル大学(フィンランド,オウル) Scandinavian sciences 夏季 北欧の歴史,文化や生活を中心に学び,オウランカ国立公園やラップランドへのフィールワークを行う。
オックスフォード大学ウースター校
(英国,ウースター)
History of human ecology in north 春季 オックスフォード大学を構成する39カレッジの一つウースター・カレッジに滞在し,北海道大学とオックスフォード大学の教員による北方圏の人類史に関する共同講義を通して,人類史に関する今日的な課題についての知見を得る。
アラスカ大学・フェアバンクス校(米国,フェアバンクス) Alaska natural resources sustainability field seminar 夏季 北極圏における自然野生生物学の一端,野生生物学,森林生態学,水圏生物学の基礎(授業,実習および実験)を学ぶとともに,オーロラ学の世界的権威である赤祖父俊一先生の講義,アラスカの歴史と文化を学ぶ。週末にはデナリ国立公園へフィールドワークを行う。
ワシントン大学(米国,フライディ・ハーバー,シアトル) Humans and the marine environment 夏季 本学(シアトル)とフライディ・ハーバー臨海実験所において海洋生態学と水産科学の基礎に関する講義,乗船実習および実験。週末にはホエール・ウォッチングや水族館訪問などのフィールドワークを行う。
オレゴン州立大学(米国,コルバリス,ポートランド) Sustainable global ecosystem: biodiversity, ecosystem service, resilience 春季 地球生態学入門:生物多様性,生態系サービス,持続可能な社会,アメリカ合衆国とオレゴン州の歴史と文化等を学ぶ。講義は授業とグループ・ミーティングからなり,数多くのフィールドワークと実験も含まれる。
ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ,バンクーバー) Global sustainability: carrying capacity, ecosystem service, limits to growth, and sustainable governance 夏季 グローバル・サステナビリティ科学の講義(環境収容力,生態系サービス,サステナブル・ガバナンス等),実習および実験。カナダの歴史と文化に関する講義。週末には新渡戸稲造のメモリアルガーデン,彼の逝去地ビクトリアやスタンレーパークへフィールドワークを行う。
デラサール大学(フィリピン,マニラ) Culture, history, and region in the Philippines and work of International Organizations in the Region 春季 授業およびフィールドワーク、DLSU生とのSocial Communicationを通した異文化、双方の歴史、宗教などの理解と地域の国際機関の役割を学ぶ。近隣の唯一の英語国で、日本との歴史的関わりが深い割にはよく理解されていない。Entertainment能力が優れたDLSU生とのキャンパス内外での交流は非常に魅力的であり、それ自体が効果的な学習の場でもある。Learning Satellite Projectの一つでもある。
カセサート大学
(タイ,バンコック)
Meteorological environment and food production system 夏季 Learning Satellite Projectの一環として実施する。気象と農業を通じて、グローバル化のプロセスを学習する。気象や農業、農業生産などを中心とした講義であるが、文系の学生にも十分に理解できる内容である。
ペラデニア大学
(スリランカ,ペラデニア)
Peace, conflict studies, Buddhism and other religions in Sri Lanka – multicultural interactions among locals, domestic and international students through formal lectures and field works 春季 スリランカは北海道の面積の約8割(人口約2,400万人)のインド洋に浮かぶ島国であるが、UNESCOの8つの世界遺産を擁する多言語、他宗教国家である。その歴史と文化を紐解き、国際性のあり方を学ぶ。またIntercollegiate Sri Lanka Education (ISLE) Programと一部共催する。これまで豊富な実績を持つISLEと共同でプログラムを実施することにより、地元の住民およびペラデニヤ大学生、米国の大学生らとの交流が広がり、より多面的な異文化交流ができる。
デーリー大学
(インド,デーリー)
Indian culture, history and religion – with special reference to globalization and multiculturalism 春季 世界最大規模のデリー大学において,現地の学生とともにインドの文化,歴史および宗教などについて学ぶ。
マヒドン大学
(タイ,バンコック)
Thai culture and history – with special reference to globalization and multiculturalism 春季 タイの文化や歴史に加え,Globalization,多文化理解,人口ダイナミックス,貧困,バンコクを拠点とした国際機関の仕事などを学ぶ。
台北医学大学
(台湾,台北)
Nursing at Taipei Medical University 春季 講義,病院見学実習,現地学生とのディスカッション,プレゼンテーションを通して,日本と台湾の医療・看護の特徴について学ぶ。
オークランド大学
(ニュージーランド,オークランド)
Biomedical engineering and mechanical engineering 春季 ニュージーランドで教育研究で1位にランクされているオークランド大学で,生体工学と生体材料学を中心とした講義および実習。現地の学生と交流を図り,週末にはフィールドビジットを行う。

ijklmn

学部専門レベル短期留学

いくつかの学部等では独自に開発し、単位認定している短期留学プログラムがあります。プログラムを学部専門科目として履修し、単位認定された場合、新渡戸カレッジの短期留学の一部として認められます。詳細については、所属する学部等でお問い合わせください。また新渡戸カレッジで詳細が分かり次第、別途掲示で周知します。

国際インターンシップ

2017年、新渡戸カレッジ主催の「国際インターンシップ」(全学教育科目「インターンシップ」)として拡大実施します。
自らの専門分野や進路に関連した国際的な就業体験を通して、大学での学びの意義やキャリアを考えるとともに、異なる文化・社会状況の中で、総合的な人間力を培うことを目的としています。希望により新渡戸カレッジの海外留学の一部として認められます。
応募を検討している方は必ず募集説明会に参加してください。応募方法、受け入れ企業・団体等の詳細は説明会にて提供されます。

-フェローからのメッセージー

inoueさあ海外現場への招待状だ!
新渡戸カレッジで留学を経験し、北大卒業その先に、何が君たちを待ち構えているのか、その答えを先取りして迷わずに挑戦してみよう! 海外仕事体験の絶好のチャンス、これが国際ビジネス現場からの鮮やかなメッセージだ。
井上修平

inoueBrave New World! こちらへ来ませんか。
皆さん、新しい世界のとびらを開きませんか。全地球規模で、日本人が活躍しています。自分もその一人となって海外で活躍していることを想像してください。きっと、今までにない自分を発見できると思います。
島田元生

inoue未来体験をしましょう!
国際インターンシップは、海外に進出している日系企業で就業体験ができるユニークなプログラムです。現地の人と一緒に行動して、日本人が異国でどのように関わっているのかを知り、未来のあなたの出発点にしましょう。
長岡宗男

複数の短期留学の組合せとは

新渡戸カレッジでは,「海外留学」として,原則1セメスター以上の長期留学(交換留学)を推奨していますが,所属する学部のカリキュラム上困難な場合は,複数の短期留学プログラムを組合わせることによって,新渡戸カリキュラムの「海外留学」の修了要件を満たすことができます。
たとえば、下記(図上段)の2回の組合せ(全学教育レベル+短期留学スペシャル・プログラム(国際交流科目「海外留学Ⅱ」),学部専門レベル短期留学または国際インターンシップ)の履修により修了要件を満たしたものとみなされます。つまり,複数の短期留学の組合せのうち,少なくとも1回以上は短期留学スペシャル・プログラムあるいは学部専門レベルまたは国際インターンシップを履修する必要があります。全学教育レベル2回の組合せ(図下段)では海外留学の修了要件を満たさないので注意してください。
short1