奨学金制度

留学中の生活費等を賄う方法としては、一般的に「私費(自分の貯蓄・アルバイトあるいはご両親からの援助等)」で行う場合と「奨学金(または助成金)」をもらって行う場合があります。

北海道大学が提供するプログラムで申請可能な奨学金

以下は、北海道大学が提供するプログラムで申請可能な奨学金等の情報です。なお、新渡戸カレッジ生は、奨学金等の審査において他の学生より優遇されます。

  • 「交換留学」のための奨学金としては「海外留学支援制度(短期派遣)」、「北海道大学・ニトリ海外留学奨学金」の2種類があります。この2つの奨学金は、全て「給付」され返還不要です。奨学金の詳細および申請方法等については、北大生の留学情報⇒北大の交換留学制度をご覧ください。
  • 短期留学スペシャルプログラムは、外国語演習(講義題目:海外短期語学研修)の一部として位置づけられています。この演習を履修し、帰国後に単位認定申請を行うと単位を認定される可能性があり、履修者は助成金を申請することが可能です。助成金の詳細および申請方法等については、北大生の留学情報⇒短期留学スペシャルプログラムをご覧ください。
  • グローバル・キャリア・デザイン(ファースト・ステップ・プログラム:FSP)の参加者は、日本学生支援機構(JASSO)の留学生交流支援制度(短期派遣)の奨学金を支給される可能性があります。奨学金の詳細および申請方法等については、北大生の留学情報⇒ファースト・ステップ・プログラム(FSP)をご覧ください。

北海道大学フロンティア基金新渡戸カレッジ(海外留学)奨学金について

北海道大学は、新渡戸カレッジ生の海外留学の促進を図るとともに、国際的な貢献に寄与する人材を育成することを目的として北海道大学フロンティア基金新渡戸カレッジ(海外留学)奨学金を創設しました。

申請資格

  • 大学間・部局間交流協定等を締結している大学等に留学を希望する学生のうち、交換留学制度を利用して留学する者
  • 本学が開講する全学教育科目「外国語演習(講義題目:海外短期語学研修)」を履修する者
  • 本学が開講する全学教育科目「一般教育演習(フレッシュマンセミナー)『グローバル・キャリア・デザイン』」を履修する者
  • その他上記に準ずると認められる場合(短期留学スペシャルプログラム、学部専門レベル短期留学及び国際インターンシップの履修者を含む)

交換留学及びグローバル・キャリア・デザインおよび短期留学スペシャルプログラム等の場合、国や都市によって異なりますが、以下の奨学金(平成27年度の例)を受給することができます。
※2018年度からは新たな支援制度を設ける予定です。詳細は決まり次第、掲載いたします。

地域・都市別受給額一覧(2017年4月1日更新)

地域・都市:シンガポール、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、ワシントン、ジュネーブ、ロンドン、モスクワ、パリ、アブダビ、ジッダ、クウェ-ト、リヤド、アビジャン
月額:10万円

地域・都市:北米、欧州、中近東(アゼルバイジャン、アルバニア、アルメニア、ウクライナ、ウズベキスタン、エストニア、カザフスタン、キルギス、グルジア、クロアチア、コソボ、スロバキア、スロベニア、セルビア、タジキスタン、チェコ、トルクメニスタン、ハンガリー、ブルガリア、ベラルーシ、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア旧ユーゴスラビア共和国、モルドバ、モンテネグロ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ロシアを除く) (主な都市)ボストン、シアトル、アンカレッジ、ホノルル、シカゴ、ニューオリンズ、ヴァンクーバー、トロント、モントリオール、アムステルダム、コペンハーゲン、フランクフルト、マドリッド、チューリッヒ、ブラッセル、ローマ、ハンブルグ、ウィーン、エルサレム
月額:8万円

地域・都市:ソウル、ジャカルタ、マニラ、バンコク、ヤンゴン、クアラルンプール、プラハ、ブダペスト、ソフィア、タシケント、サンクトペテルブルク、シドニー、メルボルン、ウェリントン
月額:7万円

地域・都市:アジア(インドシナ半島(シンガポール、タイ、ミャンマー、マレーシアを含む)、インドネシア、大韓民国、東ティモール、フィリピン、ボルネオ、香港を除く)、中南米、アフリカ(主な都市)北京、上海、台北、メキシコシティー、リマ、サンパウロ、リオデジャネイロ、ブエノスアイレス、カイロ、ナイロビ、ケープタウン
月額:6万円

海外短期語学研修の場合は、地域により異なりますが、1回あたり5~10万円(平成28年度の例)を受給することができます。

同じ国でも、地域により支給額が変わります。また、申請方法については、各プログラムによって異なるため、それぞれのプログラムの申請要領等で確認してください。詳しくは国際交流課窓口へお問い合わせください。