教員・スタッフ

 

教員


長谷川 晃 Ko HASEGAWA

北海道大学理事・副学長 高等教育推進機構機構長/新渡戸カレッジ校長代理


山口 淳二 Junji YAMAGUCHI

北海道大学副学長 生命科学院教授/新渡戸カレッジ副校長


小田 研 Migaku ODA

理学研究院教授/新渡戸カレッジ副校長補佐

研究内容

銅酸化物のような電子間相互作用の強い系における超伝導や磁性等の電子物性に関する研究

メッセージ

文化や国籍、専門性やスキルの異なる学生が集まる新渡戸スクールは、皆さんの将来にとって何をすべきか、どんな能力を身に付けるべきかを考える上で非常に良い環境です。皆さんの将来に役に立つ力を培うために頑張ってください!


谷 博文 Hirofumi TANI

工学研究院准教授/新渡戸カレッジ教育支援責任者

研究内容

生物計測化学。分子集合体場における化学発光や生物発光反応を利用した超高感度分析法,マイクロ流体デバイスを用いたバイオメディカル分析技術の開発などを行っています。

メッセージ

新渡戸カレッジにはスタート時より講義を担当してきました。専門・文化を異にする学生たちが一堂に会して,さまざまな課題に主体的に取り組む本プログラムから学ぶことは多く,貴重な経験になるものと思っています。課題の負担は決して軽くはありませんが,どう活かすかは皆さん次第です。大いに楽しんで取り組んでください。


波多野 隆介Ryusuke HATANO

農学研究院教授/新渡戸カレッジプロジェクト実行科目責任者

研究内容

農業生態系における炭素循環、窒素循環、栄養塩流出、温室効果ガス排出に関する研究。人口・活動・資源・環境の連環(PARE)に関する研究(PAREプログラムではタイ、インドネシアのコンソーシアム大学と共同教育を実施中)。

メッセージ

オナーズプログラム・プロジェクト実行科目では、明確で説得力のあるプロジェクト計画書や助成金申請書の書き方と英語でのプレゼンテーションについて徹底して学ぶこと通して、3+1の力を高めることができます。是非ご参加下さい。


ピーター シェーンPeter SHANE

北海道大学病院准教授/「課題解決」(春ターム)担当

研究内容

Mitochondrial Transplantation

メッセージ

Life is serial problem-solving and innovative solutions are beautiful.


デン ペングルPengru DENG

工学研究院助教/「チーム学習の実践」(夏ターム)担当

研究内容

My research interest is understanding the performance of composite materials and composite structures under loads and environmental attacks, and then applying them on infrastructures toward a durable and sustainable construction.

メッセージ

Keep moving with purpose to be a better yourself.


 日置 幸介 Kosuke HEKI

理学研究院教授/「チーム学習の実践」(夏ターム)担当

研究内容

I moved from National Astronomical Observatory to Hokkaido University in 2004. I have been working on space geodesy, studying earth and planetary physics using satellite data, and am interested in gravity and its change, crustal movements, upper atmospheric physics, earthquake and natural disasters.

メッセージ

I am not an expert of active learning, and have little experiences of classes of this kind of style. Nevertheless, I like talking with people on various topics, hearing interesting stories from remote countries, and exchanging opinions on social and natural problems with people of diverse backgrounds. So I look forward to learning with you although I do not have a clear image of the Nitobe School right now. One year later, I hope I could write something more specific and nice in the message to perspective students!


 池 炫周 直美 Hyunjoo Naomi CHI

公共政策学連携研究部講師/「課題解決」(秋ターム)担当

研究内容

My research interests include Migration and Gender Policies in East Asia. My current research focuses on the gender aspect on migration including the issue of female domestic and care workers (global households), as well as the vulnerability and agency of these women.

メッセージ

We live in an age full of beauty and wonders but we also have our share of challenges. When faced with such challenge don’t look away; look at it dead in the eye and do something. We don’t have time to waste. Stay curious and don’t be afraid to take action.


伊藤 秀臣Hidetaka ITO

理学研究院准教授/「問題発見」(冬ターム)担当

研究内容

My interest is how environment affects transposon activation in nature. Transposons exist in almost all eukaryotes and they are important elements on the genome. I focus on the relationship between environmental stress and transposon activation.

メッセージ

I would like to help students to be independent, professional, and active.


呉 成真Seongjin OH

農学研究院助教/「チーム学習の実践」(冬ターム)担当

研究内容

I am interested in animal nutrition. The stomach of ruminant animals is composed of 4 compartments, forming a unique digestive system. The microbial fermentation in the first stomach is the key process for their feed utilization. I have focused on natural feed additives for better animal performance.

メッセージ

More experience improves you more. Give it a shot!


繁富(栗林) 香織Kaori SHIGETOMI-KURIBAYASHI

高等教育推進機構・特任准教授/新渡戸カレッジオナーズプログラム担当・基礎プログラム授業実施・開発・教育支援

研究内容

機械工学、折紙工学、マイクロ・ナノテクノロジー、再生医療、起業家、TEDxSapporoテルモ生命科学振興財団

メッセージ

世界は広い小さくなるな! 新渡戸カレッジで、自信を身につけ、野心を持ち、自分の可能性を広げましょう。


王 倩然Qianran WANG

高等教育推進機構・特任助教/新渡戸カレッジ授業実施・開発・教育支援・広報担当

研究内容

社会教育と生涯学習。主に地域における高齢者の学習活動について研究を行っています。

メッセージ

自分にとって居心地の良い領域から飛び出すことがチャレンジの第一歩です!新渡戸カレッジはまさにこのチャンスを提供していますので、ぜひ自分のコンフォートゾンから飛び出し、より広い世界で新しいことに挑んで成長していきましょう!


マズル ミハウMichal MAZUR

高等教育推進機構・特任助教/新渡戸カレッジ授業実施・開発・教育支援・広報担当

研究内容

日本における高等教育発展と高等教育グローバル化。また自然言語処理と言語習得のためのeラーニングシステム

メッセージ

新渡戸カレッジを新たなスタートと考え、それを最大限に生かしましょう。 多様性のあるグループでチーム学習をすることによって多くの機会が生まれます。そして自分の中に限界を作らず、私たちと一緒にあなたの本来の可能性を発見しましょう。私たちはそのサポートをします。一緒にやっていきましょう!


2019年度教員

2018年度教員

2017年度教員

スタッフ

  • 吉原 春之
  • 髙原 めぐみ
  • 内藤 直子
  • 髙橋 悦子