フェロー制度とは

system
フェロー制度は、卒業生とのネットワークの上に成り立つ教育のしくみです。
同窓生を中心としたカレッジフェローが、グローバルリーダーの育成を目指して、自らを資源とするさまざまな教育のしくみを大学とともに企画し、実施します。フェローのインタビューページはこちら

次の3つのネットワークの支えを得て、グローバルリーダーに必要な資質がカレッジで学ぶ学生に共通して培われます。

 

v_%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%ad%e3%83%bc_small

  1. 学生間のネットワーク
    学部の枠を超えて集まったカレッジ生の連帯
  2. 国際的ネットワーク
    北大で学ぶ外国人留学生や留学先の大学生との交流
  3. 卒業生とのネットワーク
    同窓生の協力

 

フェロー制度による行事・プログラム

カレッジ生は、カレッジの授業科目に加え、フェロー制度による行事やプログラム等を通して、専門の別を問わず、国際社会で活動するリーダー的人材となる上で必要なコミュニケーション力や、リーダーシップ力などを醸成することが期待されています。

  • フェロー制度による行事・プログラムはカレッジフェローにより実施されます。
  • 全学年対象のものと学年別のものがあります。

00フェロー制度によるプログラム(2016年度)

参加対象行事・プログラム(学年別)

1年生

(*)4月にカレッジに合格となった学生(1年生と2年次からの編入生)は、仮入校生とよばれます。仮入校生は、1学期に全学教育科目総合科目特別講義『グローバル基礎科目(リーダーシップを考える)(留学を考える)』を履修し単位を取得し、かつ、新渡戸カレッジが主催する行事に積極的に参加し、所定の新渡戸カレッジポイントを得ることで初めて正式なカレッジ生となります。
(**)入校式(5月)
新入校生(2年次からの編入生を含む)が対象です。学生は、他の入校生やフェローと初めて顔を合わせます。
cimg2001-1

石山喬副校長・北海道大学校友会エルム会長
による講話

dsa_7117

大西フェローによる祝辞

dsa_7347

廣重フェローによる祝辞

cimg2001-1

在校生による祝辞

2年生(編入生)

2年生(前年度からの継続生)

3・4年生

2017年度スケジュール

1年生

挨拶をする名和校長

前期、仮入校*の1年生は入校式**と新渡戸Day①、グループミーティング(全3回)に参加します。後期、正式入校を果たした学生は、新渡戸Day②に参加し、フェローによるゼミを受講するほか、講演会シリーズに参加することができます。入校式(5月)は2年次からの編入生を含む新入校生が対象です。学生は、他の入校生やフェローと初めて顔を合わせます。

*4月にカレッジに合格となった学生(1年生と2年次からの編入生)は、仮入校生とよばれます。仮入校生は、必修科目の「グローバル基礎科目(リーダーシップを考える)」1単位及び「グローバル基礎科目(留学を考える)」1単位を履修して単位を取得することと、1学期間カレッジの行事に積極的に参加をして所定のカレッジポイントを取得することで、初めて正式なカレッジ生となります。

**入校式(5月)
2年次からの編入生を含む新入校生が対象です。
学生は、他の入校生やフェローと初めて顔を合わせます。

2年生(編入生)

前期、仮入校の2年生は入校式と新渡戸Day①、グループミーティング(全3回)に参加します。
後期、正式入校を果たした学生は、新渡戸Day②とフェローゼミ、全学生対象の講演会シリーズに参加します。

2年生(前年度からの継続生)

2年生を対象とするプログラムとして、新渡戸Day①と②及び後期に予定されている全学生対象の講演会シリーズがあります。

3・4年生

希望者はフェローと一対一で対話を行う対話プログラムに参加することができます。
新渡戸day①と②のなかで、3・4年生を対象とする目標達成力向上WSを行います。