スナップショット

平成28年度新渡戸カレッジ入校式を開催しました

新田孝彦副学長・理事

新田孝彦副学長・理事

多田幸雄フェロー

多田幸雄フェロー

林美香子フェロー

林美香子フェロー

在校生代表の藤谷和廣さん

在校生代表の藤谷和廣さん

新入生代表の竹ケ原譲さん

新入生代表の竹ケ原譲さん

5月14日(土)、高等教育推進機構大講堂にて、平成28年度の新渡戸カレッジ入校式を行いました。
新入校生(1年生182名、2年生82名)が第4期カレッジ生として仲間入りし、在校生424名とともに新しい新渡戸カレッジがスタートしました。当日はさまざまな分野で活躍されているフェロー30名が駆けつけたほか、来賓として元文部科学省の遠藤昭雄様が出席され、入校を祝福する温かな雰囲気があふれました。
最初の訓辞では、新田孝彦副学長・理事(新渡戸カレッジ校長代理)が、全人教育の模範となり、現代に通じる新渡戸稲造の精神と、それを受け継ぐ新渡戸カレッジの特色について説明し、「新渡戸カレッジはまだ完成されていません。このカレッジの伝統を、皆さん一人ひとりが夢をふくらませ、創り上げてください」というメッセージが伝えられました。

次に、今年度お世話になるフェローの紹介ののち、フェローを代表して多田幸雄フェロー、林美香子フェローに祝辞をいただきました。
多田フェローからは、カレッジ生に学んでほしいことについて、「30年後、現在ある仕事はほとんどが不要になると言われていますが、そうした未知なる時代だからこそ、人間としての価値が問われます。人間力を磨き、生涯にわたって『自分は何をしたいか』を追求してほしい」といったお話をいただきました。
林フェローは、リンカーンの「意志あるところに道は開ける」という言葉を実践してきた自らの経験を語るとともに、「それぞれの道を見つけ、あきらめず、一歩を踏み出してください」と語ってくださいました。

引き続き、カレッジ役員、学部長の紹介があり、在校生の祝辞として法学部3年・藤谷和廣さんの挨拶がありました。藤谷さんは「自分の価値観を絶対化せず、異なる価値観に出合ったときにそれらを相対化し、判断するチャンスを新渡戸カレッジでつかみました」といった経験を語りました。新入生を代表して総合理系1年・竹ケ原譲さんからも挨拶があり、「開かれた場所である新渡戸カレッジで、利用できるものは徹底的に利用したい」といった抱負が述べられました。 その後、いろいろなプログラムに積極的に取り組み、活躍したカレッジ生4名に、上田一郎副学長・理事(新渡戸カレッジ校長代理)より「新渡戸カレッジ奨励賞」が授与されました。

入校式の最後は、石山喬北海道大学連合同窓会会長(新渡戸カレッジ副校長)から講話をいただきました。石山会長はカレッジ生に「入校おめでとう。カレッジで学ぶ覚悟はできていますか?」と語りかけ、「『世界の平和と安定に貢献できる人』をめざし、フェローの豊富な経験から大いに学んでほしい。そして、勉強だけでなく、スポーツや芸術や、いろいろなことに興味をもってがんばってください」と締めくくられました。また、連合同窓会の東京での活動や、海外インターンシップなどの取り組みについても紹介いただきました。

午前10時に始まり、約1時間半で終了した入校式は、たくさんの方々のお祝いや熱いメッセージにあふれ、新カレッジ生にとって、新たな決意と自覚を深める時間となりました。

 

「新渡戸カレッジ奨励賞」受賞者

「新渡戸カレッジ奨励賞」受賞者

石山喬北海道大学連合同窓会会長

石山喬北海道大学連合同窓会会長