応援メッセージ

人生には必ず困難がやってくる。新渡戸の教えはそのとき諸君を助け、君たちは正々堂々と王道を歩むべし

プロフィール

織田健造(おだ・けんぞう)さん
石原産業株式会社元代表取締役社長、会長
1966年 北海道大学理学部卒業

大阪府岸和田市出身。1966年に石原産業株式会社(ISK)入社、三重県紀州鉱業所(銅鉱山)採鉱課、1977〜1984年マリにてウラン調査、スリランカにてリン調査のほか、インド、タイ、オーストラリアなどで資源調査に従事。1985年オーストラリアWSL社(ミネラルサンド企業)へ出向、1988年ISKシンガポール社へ出向、酸化チタン工場建設、運転業務に携わる。1990〜2002年、資源開発部、酸化チタン業務部、環境部、オーストラリア関連会社業務に従事。ISKシンガポール社取締役社長などを経て2007年に代表取締役社長に就任。2011年会長、2013年顧問、2015年7月より社友。

一歩踏み出す勇気と、社会に対する正義

%e7%b9%94%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%932学生の皆さんに伝えたいことが一つあります。それは、「常に前に進む(変化を起こす)」ということです。どんな小さな一歩でも前進し続けてください。個人も組織も同様ですが、同じことを続けていると必ず衰退します。会社なら倒産します。では、前に進むにはどうしたらいいか。それには一歩前に踏み出す勇気(変化を起こす勇気)を持つことです。今が上手くいっている場合は、そのままでいたいですよね。でも勇気を持って変化にチャレンジするクセをつけてください。若いうちに習慣をつけておくと、本当に辛いとき、たいへんなときに必ず皆さんの助けになります。

会社でしたら、少なくとも年3〜5%の成長を続けなければいけません。そのためには絶え間のない事業の効率化や改善を行い、新規事業へのチャレンジや大胆な改革も必要です。私も組織のトップに立ち、さまざまな改革を行ってきました。会社を成長させ利潤を生み出すことは、社員と家族を養い、税金を納め、社会に貢献する基本となります。本当に企業は人なりです。

ただし、同時にトップが忘れてならないのは、正義です。物事を会社内だけで考えていると、ときとして正義が見えなくなり、言い訳を考え、都合の悪い証拠を隠してしまう場合もあります。社会に対して胸をはって「正しい」といえる姿勢を、トップがもっていることが重要です。

新渡戸カレッジに入った皆さんは将来さまざまな分野で活躍することでしょう。そのためにも「勇気」や「正義」のような人間として守るべき基本を、若いうちに腹の中にたたき込んでほしいと思います。

人生に目標を、目標には志を

%e7%b9%94%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%933人生は目標があったほうが断然おもしろいと思います。また、ほとんど目標通りにいきませんが、それはそれで構いません。また新しい目標を立てたらいいんです。新渡戸カレッジの対話プログラムでは、よく「どうやって就職を決めたのですか」と質問されます。これを答えるとみな驚いて全く参考になりませんが、私の場合はジャンケンで決めました。というのも、所属していた教室に企業から求人がきたのですが、教授のつきあいから断るわけにはいかず、公平にジャンケンで決めたからです(結果私が負けて就職しました)。そんな風に人生どうなるかわかりません。でも、そのときどきで目標を持つことが大事です。

そして、人生の目標に向かって前進するにはぜひ“志”を高くもってほしい。お金持ちとか安定した生活とか、そういうことではなく、人のために何ができるか、社会で何ができるかを考えてほしいと思います。
私自身は30歳でマリ共和国に赴任したとき、一つの転機があったように思います。マリ共和国は国土の1/3がサハラ砂漠で、当時は「世界最貧国」と言われていました。子どもは5人に2人くらいしか生き残れず、結核、マラリア、ハンセン病、黄熱病、狂犬病などの病気が多く、高齢者でも40代そこそこでした。そんななかでも、子どもは澄んだ目をキラキラさせて精一杯生きていました。その悲しい現実にショックを受けると同時に、人生や働き方、生き方について考えるようになったのです。

新渡戸カレッジでは、普段はなかなか考えないことを真剣に考えたり、話し合ったりする場面がたくさんあります。皆さんの人生の目標を、そして今こそ青雲の志を抱いてください。歳月は人を待たず、です。


フェローの流儀:人生で大切にしていることは?「義勇仁礼誠誉忠」

私のモットーは、新渡戸稲造の「義、勇、仁、礼、誠、誉、忠」です。義は正義、勇は勇気、仁は他者への思いやり、というように、人として守るべき基本が『武士道』には書かれています。これまで何度も大きな困難に直面しましたが、この言葉をよりどころに克服できたと言っても過言ではありません。くじけそうなときも、立ち返って踏みとどまることができました。

困難のない人生はありえません。3割楽しいことがあれば、7割はしんどいことです。皆さんも困難を乗り越える言葉を、心の中に持っていてください。また、本を読んでいると自分に響く言葉にきっと出合えますから、いろいろな本をたくさん読んでください。