授業紹介

グローバルコミュニケーションツールとしての英語力の育成

留学支援英語

英語を母語とする講師の指導による少人数クラスで実践英語を学ぶ授業です。英語によるコミュニケーション能力の向上、留学時に必要なアカデミックスキルの修得を目指してレベル別の授業が開講されます。1クラス20人以下の少人数クラスとして、コミュニケーション英語やディスカッションとライティング・プレゼンテーションを中心とした実践的な英語の授業を行います。

国際交流科目

原則として英語で行われる授業です。留学生と日本人学生が交流を深め、いろいろな考え方や価値観のあることを認識し、互いに啓発しあうことを目的としています。学際的・先端的なテーマとした授業が入門レベルから専門レベルまで開講されます。

英語による学部専門科目

各学部において開講される英語で行う専門科目授業です。

日本文化・社会に関する理解増進科目

本学において留学生を対象とした現代日本学プログラムの開始(2015年度から)に伴う開講科目です。毎年、複数の日本文化に関する講義が英語で開講されます。

海外留学

本学と締結している大学間・部局間交流協定校へ、原則として1セメスター以上の留学を行います。または、複数の短期留学を組み合わせることでの単位取得も可能です。

op

チームワーク力・リーダーシップ力の育成

フィールド型演習

さまざまな主題を持つ少人数クラス(20名程度)の体験型演習です。この授業科目では、チームワークの重要性を認識し、リーダーシップやリスクマネージメントのなんたるかを体験する良い機会が得られます。

0304_03

 

多文化状況の中での問題解決力の育成

多文化交流科目

異文化・多文化状況に関する知識・理解を促進し、外国人留学生と日本人学生との協同学習により、多様な背景の人々とともに課題を解決する技法の教育を目的としています。

 r

世界の中での日本人としての自覚の涵養とキャリア形成

新渡戸学

新渡戸カレッジが主催する学内外の著名な教員等による講義、新渡戸カレッジフェロー等による講演や演習を通して、新渡戸稲造の精神に基づいた深い倫理性と品位ある自立的な個人としてのグローバルリーダーのスキルを身につけ、将来のキャリアを考えることを目的としています。

03_05_3

ボランティア

ボランティアの意義を理解し、ボランティア活動の体験を通じて地域社会で自己の追求すべき課題を明確にするとともに、責任をもって活動することの重要性を認識することを目的とします。(2017年度からボランティアは開講しません)

インターンシップ

カレッジ生が在学中に、企業・団体等において自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験を行うことです。本科目では、1~2週間程度、企業、行政機関、各種団体等において、就業体験を行うことにより、実社会との接触による学習意欲の向上や高い職業意識の育成を目的とします。