新渡戸稲造と新渡戸カレッジ

新渡戸稲造(にとべ いなぞう)とは?

img_nitobe
新渡戸稲造

新渡戸稲造博士は文久2(1862)年8月3日(新暦9月1日)盛岡に生まれました。東京では主に英語を学び、語学の才能を現し、明治8年13歳の時、東京英語学校に入学。この頃から生涯の親友となる内村鑑三(キリスト教思想家)、宮部金吾(植物学者)と親交を深めます。その後、父祖の志を継ぎ農学を修めるため、明治10(1877)年内村、宮部とともに札幌農学校・現在の北海道大学に入学しました。東京大学、ジョンズ・ホプキンス大学(アメリカ)、ドイツ留学を経て、明治24年に札幌農学校の教授となります。明治27年には勤労青少年のための遠友夜学校(えんゆうやがっこう)を設立。日本初の農学博士となり、法学博士ともなり、日米で教鞭をとっていました。名著『武士道』が書かれたのはこの頃です。大正9年には国際連盟事務局次長に就任し、国際間のかけ橋となる仕事をしました。

新渡戸カレッジの特徴

新渡戸稲造の銅像(北大花木園)
新渡戸稲造の銅像(北大花木園)

変化の激しい現代社会を生き抜くには、基礎的・専門的な知識を身につけるだけでなく、それらを活用し応用する能力が必要です。また、グローバル化の進む現在、世界の共通語である英語を使って、様々な背景を持つ人々と円滑にコミュニケーションをとるスキルが求められています。そのためには、多文化に対する理解や協調性・柔軟性が不可欠です。さらに、現代社会にあって、積極的に時代を切り拓くリーダーには、主体性や責任感、困難に直面した際の問題解決能力やチームワーク力なども必要です。
新渡戸カレッジは、学部教育と並行して、豊かな人間性・国際性を育むために取り入れられた各種教育を実践する特別教育プログラムです。本カレッジでの学修を通して、幅広い知識にとどまらず、品位ある自律的な個人の確立、それぞれの文化的・社会的背景に根ざしたアイデンティティの確立、同時に国際性とリーダーシップの醸成を目指した教育が行われます。
本カレッジの名称には、新渡戸稲造(にとべ いなぞう)の精神を受け継ぎたいとの思いが込められています。

新渡戸稲造の精神

  • 深い倫理性に基づいた品位ある自律的な個人の育成
  • 日本人としての自覚を持ちつつ、偏狭な拝外主義に陥らない国際精神の涵養
  • 互いに国籍の区別を設けないで親しく交わる国際的教育の実践